ふるさと納税の確定申告は超簡単!初めてでも15分で書類作成完了のイロハ!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

2月16日から、確定申告が始まりましたね。
うちは、平成27年に「ふるさと納税」を行いましたので、確定申告が必要でした。

12月に、バタバタとかけこみでふるさと納税を行いましたので、”ふるさと納税ワンストップ特例制度”には間に合わなかったわけです。

この度、うちの分、そしてわたしの両親の分の確定申告書を作成し、早々提出してきました!

めんどくさいことは、早く終わらせちゃうのが1番!
確定申告がふるさと納税だけならば、意外と簡単で拍子抜けします。

税金の知識がない人でも、簡単に確定申告書類が作成できる確定申告作成コーナーのポイントをまとめます。

スポンサーリンク

ふるさと納税したら確定申告しなきゃ!おうちで誰でも簡単に書類作成

ふるさと納税をしっぱなしでは、お金は一銭も戻ってきません。
市町村に寄付をして、お礼の品をもらっただけになってしまっては、高いお買い物をしたのと一緒です。

ふるさと納税について、詳しく知りたい場合は、こちらの記事を参考にしてくださいね!
http://bonjinshufu.com/archives/1322

各お住まいの市町村で、「確定申告相談会」なるものを開催しているとは思いますが、想像以上に激混みです。
自分でできるものなら、おうちでパパッとやっちゃいましょう!

ふるさと納税をして確定申告が必要な場合

  1. 6自治体以上に寄付をして、ワンストップ特例制度が適用できなかった人
  2. 12月末のふるさと納税で、ワンストップ特例制度が間に合わなかった人
  3. 個人事業主など、そもそも確定申告をする必要がある人
  4. 医療費控除などの確定申告を行う予定がある人

特に注意が必要なのは、4の場合です。
ふるさと納税に関してワンストップ特例制度で申告済みであっても、追加で確定申告の必要が出た場合、ふるさと納税の分も、再度確定申告をする必要があるのです。

うちの場合、実家の場合は、2のパターンです。

今一度、確定申告の必要の有無を確認しましょう!

うちの場合:一般的なサラリーマン家庭の確定申告

家庭内にサラリーマンしかいなければ、普段は確定申告なんてする必要はありません。
ということで、わたしも去年初めて医療費控除の確定申告をした以外は、確定申告の経験はありませんでした。

しかも、去年の場合は申告相談会へ出かけて、申告書類を作成してもらいました。
・・・すごい混んでいて、めちゃくちゃ待ちました。

おうちで確定申告書類を作成するにあたって、うちの状況をざっと書いておきます。
似たような状況の方は、うちと同じように確定申告すればOKですよ!

  • 旦那はサラリーマン、お仕事のかけもちなし。
  • 旦那は会社で年末調整済み。
  • 妻(わたし)は専業主婦(収入なし)で扶養に、子供はぽん1人のみ。
  • 旦那は、実家のお義母さん(別居)を扶養にしている。
  • 住宅借入金特別控除、国民年金の負担などなし。
  • ふるさと納税は4自治体(うち1自治体に2回の計5回)寄付

こんな感じです。
ごくごく一般的な凡人家庭です。
ちなみにうちの実家も、似た様なもんです。

ふるさと納税の確定申告書類に必要なもの

  • 申告する人の源泉徴収票(うちの場合は旦那)
  • 各自治体の寄付証明書(源泉徴収票の名前と同じ名前で!)
  • 所得税の還付金を入金してもらう通帳
  • 印鑑(銀行印以外でもOK!)

こちらの記事にも書きましたが、専業主婦(収入のない人)の名前でふるさと納税をしては、節税の意味が全くありません。
ただの寄付になりますよ!

かならず所得のある人の名前で、ふるさと納税をして、確定申告しましょう!
ということで、わたしの源泉徴収票は必要ありません。

確定申告といえど、電卓は使用しません!笑

確定申告作成コーナーで書類作成

さて、必要書類が揃いましたら、確定申告書等作成コーナーのページで、書類作成を始めます。

こちらの入力に関しては、寄付金控除の入力例がとても参考になります。
こちらのページを見比べながら、進めてくださいね。

ちなみに、e-taxというのは、専用の機械が必要です。
一般庶民は、「書類提出」で、申告書を作成し、自宅のプリンターなどでプリントアウトするようになりますので、ご注意を!

わたしが入力で悩んだ箇所

大体のところは、画面の説明通り、または寄付金控除の入力例を確認していけば、先に進むことができます。

わたしが実際にやって、ちょっと悩んだ項目だけ抜粋します。

ふるさと納税の入力画面は「寄付金控除」

確定申告1

画像にも貼ってありますが、何の確定申告をするのか?という選択画面が現れます。
ここは、「寄付金控除」にチェックを入れましょう。

住宅借入等の入力画面は空欄でOK

確定申告2

うちの場合、この欄は源泉徴収票に記載がありません。
そんな場合は、入力しなくても大丈夫です。(もちろん、記載のある方は、数字をいれてくださいね!)
記載のない場合は、「0」という表記さえ必要ありません。

16歳未満の扶養親族のチェックに該当する場合は忘れずに!

ここまでで、数字の入力(源泉徴収の金額の入力)が間違っていれば、先へは進めませんので、ご安心を!

ふるさと納税の内訳入力

確定申告3

日付は、証明書に記載の入金日(受領日)を入力してください。
→ふるさとチョイスなどのサイトのマイページと、若干食い違う場合がありますが、証明書を基準にしましょう。

寄付の種類は、選択画面が現れますので、「都道府県・市町村に対する寄付金(ふるさと納税など)」を選択しましょう。

住所は、寄付先の自治体の役所の所在地になります。
証明書に住所が記載されている場合もあれば、記載のない場合もあります。
記載のない場合は、ネット等で調べましょう。
「〇〇市 市役所 住所」とか検索かければ、すぐに出てきます。

寄付先は、「○○市」や、「○○町」と市町村名だけ入れればOKです。

複数自治体へ寄付した場合は、左下のボタンをクリックして、続けて入力します。

入力が終わると、寄付の合計額から2,000円を引いた額で確認画面が出現します。

政党等寄附金等特別控除はスルーしてOK!

ふるさと納税の入力が終わると、政党等寄附金等特別控除の入力ボタンが出現しますが、ふるさと納税以外の寄付をしていないなら、スルーして「次へ」に進みましょう。

扶養親族の入力と確定申告者の情報を入力し、印刷へ

扶養家族については、間違いのないように入力しましょう。
うちのように、別居の扶養親族がいる場合にも、入力が必要になります。

すべての入力が完了すると、データの保存・印刷画面になります。
データはPDFで保存されます。
ダウンロード後、ご自身のパソコンに保存をすると、印刷ができるようになります。

必要書類の貼り付け

確定申告5

これわたしはうっかり間違えたのですが、ここすべてのふるさと納税の証明書を貼る必要はありません。

「1枚で、5枚貼れるんだ~!」とのんきにペタペタ貼ってしまいました。

こちらの用紙には、上の赤い枠に源泉徴収票の原本、下の枠にふるさと納税の証明書を1枚貼っておきましょう。
残った証明書は、この用紙の裏面、白いコピー用紙などに貼っておきましょう。
順番は気にしなくて大丈夫です。
ちなみにわたしは、上2センチのみ糊付けして、表裏で糊代が重ならないようにして貼りました。(税務署で剥いで綴るという噂を聞いたので。)
剥がれないようにしっかりとね!

印鑑の押印を忘れずに!

必要事項はパソコンで入力しているので、追記の必要は特にありません。
でも、印鑑の押印箇所が1箇所あります。

様式Aの第一表、氏名の横です。

ここに印鑑をひとつ押しましょう。
この印鑑は、銀行の届出印である必要はありません。

もし訂正をしたい場合は?

プリントアウトしたあとに、「あっココ間違えた!」なんてこともあるかと思います。
わたしは、所得税の還付の振込先銀行の欄で、”支店”の選択を”本店”に間違えるという軽微なミスを犯しました。

これぐらいなら、線を引いて訂正印で対応できます。
(訂正印は、名前の横に押した印でOK)

金額の訂正もしてもOKではあるのですが、1箇所間違えると、合計金額などに影響が出る場合もあります。
そんな場合は、打ち直して印刷し直した方が無難でしょう。

そんな時の場合に、入力中のデータの保存をしておきましょう!
(確定申告作成コーナー上で保存できます。)

還付される金額の表示

途中、ふるさと納税の内訳を入れ終わると、「あなたの還付金はいくらです!」と表示がでます。

確定申告4

これは、所得税の還付分で、住民税の分は含まれませんのでご安心を!
所得税の還付分は、税務署での手続き終了後、指定口座に入金してくれます。

住民税に関しては、後ほど”控除”が行われます。(住民税が安くなるイメージ)
還付金の金額が少ないからといって、焦らないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

確定申告作成コーナー初体験のわたしが、説明してみました。
やってみて思ったのは、本当に簡単だった!ということです。
ここに医療費控除なども加われば、またややこしくなるとは思いますが、ふるさと納税の確定申告だけなら、慣れればパパッとできてしまいます。

もし地域の相談会に行くか悩んでいるのなら、ぜひ一度確定申告作成コーナーを開いて作成してみることをおすすめします。

税務署の方も、問い合わせ等が極力少なくなるように、Q&Aなどもしっかり作りこんであるようです!笑

うちは、役場の窓口で代理受領してもらえたので、税務署には行かずに済みました。
郵送する際は、管轄の税務署の宛名の印刷も出る(チェックシート右下)ので親切です。

期限を忘れず、提出しましょう!

**aki**