常に1番綺麗を保ちたい!カビやすい赤ちゃんマグストローを掃除しよう!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

以前に、マイボトルの記事を載せましたが、今日はそれに関連して赤ちゃんマグについてのお話です。

年中、そして1日中使う子供用マグストローは、汚れがいっぱいたまるんですよ~。

スポンサーリンク

赤ちゃんマグ、何を使っていますか?しっかり洗えていますか?

うちのぽんは、1歳半頃まで、

コンビ テテオ teteo マグストロー バルーン Neoを、使っておりました。

この「コンビテテオ マグストロー」を最初に選んだ時は、とくに深く考えず、「コンビなら間違いないだろう」ということだけで決めました!笑
ちなみに、最初に小容量のコンビ テテオ teteo マグストローを買って、その後コップ飲み用のバルーンを買い足したのです。
哺乳瓶風吸い口のやつなんかは買いませんでした。

結局、ストローが一番使い勝手がよく、毎日使っていたわけです。

しかし、使っているうちに悩みが発生しました。

ストローの内部がうまく洗えない!

そしてインターネットのニュースで、
「赤ちゃんマグのストローはカビが生えやすい」なんていうのを目にして、
怯えていたわけです。

実際に、カビらしきものが付着していたのも目撃しました・・・。

もちろん何度か替えの部品を購入していますが、あんまり安いものじゃない・・・。

だからできるだけ、ストロー部分を衛生的に長く使いたいわけです!

分解しておそうじしよう!

コンビ テテオ teteo マグストロー バルーン Neoは、蓋のパッキンやストローなど、きれいに細かく分解できます。
マグ 分解 そうじ

これがこの商品のいいところだと思っています。

でも使い始めは、輪っかのパッキンがうまくはめられず、何度も漏らしてしまいました。

バッグの中が水びたしになり・・・。
そのときは何度コンビテテオから買い換えようと思ったか!
ぐっとこらえて、使っていたら慣れました。

慣れると、逆に使いやすく、お気に入りの子育て道具のひとつになっています。

おそうじアイテムの準備

以前に書いたマイボトルの記事に出てきた100均の3人組です。
今回は細いの2本が大活躍!

洗い物グッズ

吸い口など、ストロー部分に一番細いタワシをスルスル

この細いタワシが入っていく感覚が、とっても気持ちがいいんですよ。
するするっときれいに入っていきます。

タワシの毛が、中の茶渋などの汚れを絡め取ってくれます。
洗剤をつけて何往復かしたら、今度は水だけでスルスルしながらすすぎましょう。

空気穴の部分は少しもう1本のスポンジ(2本セットの大きい方)でゴシゴシします。
マグ ストロー

この空気穴の部分も結構汚れがたまるので、しっかりゴシゴシしましょうね!

本体フタの裏側の溝も忘れずに!

このパッキンのはまっている溝なんかは、普通のスポンジでは洗いきれません。
この機会に細かいところをしっかりとゴシゴシしましょう。
マグ ふた

仕上げに本体コップ部分をきれいに!

最後に太いスポンジ(緑色の自立式スポンジ)でゴシゴシします。

別にこの作業は普通のスポンジでもいいのですが、うちの場合、この太いスポンジを、コップ、マイボトル用に統一しています。(油汚れ用と一緒にしたくないので。)
マグ本体

本体コッブ部分は、毎日使っていると、茶渋が付着してザラザラしてきます。気になる場合は、キッチンハイターに浸けたり、キッチン泡ハイターを吹きかけて置いておけば、すっきりきれいに取れますよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最初にも書きましたが、ストロー部分はかなり不衛生です。
ハイターなどにつけても、きれいにするには限界があります。
やはり、汚れに対して直接ゴシゴシ洗うのが一番衛生的です。

うちのぽんと違うメーカーのストローマグをお使いでも、同じ道具(ストロー用タワシ&スポンジ セリアで購入)を揃えることで、きれいに洗う方法は共通です。

100円ショップで揃う道具で簡単にできますので、ぜひお子さんのマグをきれいに保ってあげてくださいね。

そうは言っても、何度も使っていると着色汚れが付いてきたり、カビが付着したりする可能性があり、うまく汚れが取れず衛生的に不安になりましたら、部品の交換をしてあげてくださいね。

**aki**

コメント