電力自由化どうする?まずは自分の家の電気の契約を確かめよう!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

最近、しきりに「電力自由化」について、メディアでやっていますね。
2016年4月から、いよいよ一般家庭の電力が自由化されるのです。
(企業向けはすでに始まっているサービスなのですが!)

さてさて、電力自由化と言っても、都会は電力会社の選択肢が豊富そうですが、わたしの住んでいる長野の田舎はどうなんでしょう?
そもそも選択肢があるのか、電気代を安くする方法はあるのか、考えてみます。

→結論から言っておくと、うちは今のところ電力会社を乗り換えない方がお得です。

いくつかの記事に分けて、詳しく書こうと思いますが、まずは現在の電気の契約の内容を知ることから始めましょう!

スポンサーリンク

電力自由化の前に!まずは自分の家の電力使用状況を把握しよう!

わたしが住んでいる地域は、中部電力が電力供給をしています。
毎月、電気量検針のマダムが、家のポストに電力使用料の紙を入れてくれます。

うちは、電気料金の明細を紙ベースでとっておくと、場所もとりますし、たいして見返しもしないので、毎回料金の確認後に捨ててしまっています。
その代わり、カテエネという、中部電力のサイトに登録をしています。

カテエネに登録しておけば、我が家の電気料金の推移が過去2年分までさかのぼって見ることができるので、とても便利です。
またカテエネに登録すると、「カテエネポイント」というポイントが貯まり、電子マネーなどへの交換も可能です。

残念ながら、カテエネポイントは電気料金や使用量に対しては貯まりません。
カテエネのサイト内にあるアンケートに答えるなどすることで、ポイントが貯まるサービスです。
中部電力のカテエネはここが、ちょっと不親切ですね。

(そして、うちの両親のようなパソコンの使えない人たちにとっては、まったく使えないサービスなのです。)

でも、パソコンかスマホを持っていて、メールアドレスさえ設定できれば使った方がお得なサービスなので、登録をおすすめします。

ちなみに、うちは契約者が旦那さんですが、わたしのメールアドレスで登録をしました。
契約者番号と契約者の名前さえしっかり登録すれば、もちろん妻のわたしのアドレスでも大丈夫ですよ!
旦那さんは、電気料金を見返したりなんて、絶対にしませんからね!

うちの電気の契約状況

まずは、うちの電力の使用状況を書きます。

賃貸住宅のうちは、最初からオール電化です。
給湯システムも電気なので、お風呂のお湯はすべて電力で沸かしています。
キッチンはIHになっており、一切ガスは使いません。
ということで、ガス会社との契約はなく、エネルギー関連については中部電力1本です。

もちろん、ソーラーパネル(太陽光発電)は利用していませんので、売電収入はありません。

契約プラン

  • タイムプラン(時間帯別電灯)
  • 60A(6kV)

このタイムプランというやつは、1日をデイタイム(7時~23時)とナイトタイム(23時~翌朝7時)に分けて、デイタイムは電気料金が高めに、ナイトタイムは安く設定されているプランです。
うちの場合、オール電化ですので、ナイトタイムの安い時間帯に深夜電力で給湯をためています。

電気料金

カテエネに登録しておくと、前年と今年の同月の比較が簡単にできます。
これはとっても便利な機能ですね!

以前は、昼間共働きでしたので、もう少し電気料金が安かったのですが、最近は昼間もうちにいることが多くなったので若干電気料金が高くなりました。
(グラフはどちらも、ぽんが生まれてからのものになります。)
夏の間は8,000円~9,000円、冬の間は12,000円~13,000円ほどかかっています。

グラフの赤い棒の1月2月が極端に低いのは、ぽんの出産のため里帰りしていたためです。

スポンサーリンク

ここまでのまとめ

電気自由化で電気料金をお得にするための電力会社の比較の前に、まずは自分の家の電気料金の契約内容の確認が大切です。

次の記事で紹介しますが、便利な電気料金の比較サイトがあるんです。

その比較サイトでは、現在の電気料金基本プラン、アンペア数などの入力が必要になってきます。

明細の紙を用意するだけで簡単に入力はできますが、自分の家の契約プランや毎月の料金がどんなものか確認するのには、とてもいい機会になります。
まずはカテエネに登録して、検証してみましょう!

次はこちらの記事をチェック!

電気自由化に乗り遅れ注意!エネチェンジ簡単比較で電力会社を選ぼう!
こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。 2月はブログ更新サボりまく...

**aki**

コメント

  1. […] 具体的にどのような点を把握しておけばいいのかはこちらのサイト(凡人主婦の小金持ち生活へ)で紹介されています。参考になるのでぜひ見てみてください! […]