家事えもんの小松菜をおいしく食べるかけ算レシピ!酢飯で子供も大喜び間違いなし!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

2015年1月21日放送の「あのニュースで得する人損する人」で、家事えもんが小松菜を使った”かけ算レシピ”を紹介していました。
小松菜やほうれん草って、栄養があって健康にも良いことをわかってはいるのですが、調理方法があまり多く浮かびません。

おひたしか、お味噌汁か・・・ぐらい。(少なっ!)

家事えもんのかけ算レシピは、そんな葉物野菜を美味しく手軽に、そして子供でもおいしく食べられそうなレシピでしたので、覚書をしておこうと思います。

スポンサーリンク

小松菜とたくあんで簡単おいしい”酢飯おにぎり”

小松菜ずしの手順はとても簡単で、手巻き寿司のついでなどにも手軽に作れそうでした。
昔よく、野沢菜漬けの葉っぱをご飯に巻いて食べたりしましたが、それに匹敵するレシピです。
小松菜は冬が旬ですが、1年中比較的お安く買えることが多い野菜なのも嬉しいポイントですね!

ちなみに小松菜は、カルシウムや鉄分が豊富に含まれていますので、子供の成長にも欠かせない食材です!

準備するもの

  • ご飯 1合分
  • すし酢 大さじ2程度
  • たくあん 2切れ
  • 小松菜 3株(10枚)
  • 紅しょうが 適量
  • ごま 適量

酢飯をつくるとき、わたしはいつも市販のすし酢を使ってしまいます。
ミツカン すし酢(2) 900ml
もし酢からすし酢をつくる場合は、砂糖と塩で味を整えてくださいね!

余談ですが、うちの旦那さんは、「酢飯にしとくね~」と言って、普通の酢のみドブドブ入れていました。すし酢が何なのか知らなかったようです。
味のない、酸っぱいご飯になりましたとさ!

小松菜の上手なゆで方

家事えもんは、まず鍋にたっぷり湯を沸かし、塩を入れていました。
今回のお寿司は葉っぱでご飯を巻きますので、いつもより塩を多めに入れたほうがおいしく仕上がります。

まず先に、葉っぱの部分を手に持って、小松菜の茎を30秒ゆでましょう。
(やけどしないようにね!)
30秒後、葉っぱの部分をお湯につけて、10秒ほど茹でればOKです。

わたしはもっとたくさんの時間、小松菜をグツグツ煮ていた気がします。
アクが残るんじゃないの?と不安な方!
家事えもんいわく、冷水に2分ほどさらすと、苦味が取れるとのことですよ。

冷水にさらしたあと、キッチンペーパーで水気をしっかり取ったら、小松菜の葉っぱと茎を切りわけます。

酢飯混ぜご飯の準備

小松菜が茹で上がったら、茎の部分は酢飯に混ぜて使います。

小松菜の茎は、5ミリぐらいずつに刻みます。
たくあんは、みじん切りにしましょう。このたくあんが、酢飯に塩気と歯ごたえをプラスしてくれます。
彩りに紅しょうがを刻んでおきます。

そしたら、酢飯に小松菜の茎の部分・たくあんのみじん切り、紅しょうが・ごまを加えて混ぜます。

あら、簡単!

小松菜ずしの仕上げ

酢飯混ぜご飯が出来上がったら、小さめのおにぎりにして、水分を取った小松菜の葉っぱでまきます。
小松菜の葉っぱの水分は、キッチンペーパーでよ~く切っておきましょうね!

葉っぱで巻いたお寿司の上に、刻んだたくあんや紅しょうがをのせると綺麗ですよ!
小松菜 酢飯

この小松菜ずしは、彩りも良く、とっても食欲をそそりますね。
小松菜で作ったというのが、やっぱりポイントだなぁと思います。

スポンサーリンク

まとめ

小松菜は栄養が豊富で、ぜひ食べたい食材ではあるのですが、なかなか食べづらいのも現状です。

酢飯の中身は、たくあんや紅しょうがでなくとも、なんでも美味しいと思います。
夏なら浅漬けにしたきゅうりやナス、鮭や昆布などのおにぎりの具の定番や、カリカリ梅などなんでも試してみたいですね。

お弁当に入っていたらテンション上がります!

小松菜さえあれば材料も少なく、お手軽にできますので、ぜひ試してみたいレシピです。
皆さんも作ってみてはいかがでしょうか?

**aki**