【バセドウ】2015 医療費の年間合計はいくら?健康なことって何よりも財産だと思う

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

確定申告の季節まで、あと1ヶ月ですね。
我が家では、今年、ふるさと納税の関係を確定申告する予定です。
(12月のかけこみ納税だったため、ワンストップ納税制度に間に合わなかったのです。)

昨年は、医療費控除をするために確定申告しました。
ぽんの出産費用の自己負担額が10万円ほどでしたので、確定申告で数百円戻ってきました。
(実は、わたしの扶養控除が入っていなくて、医療費控除の他に4万円も戻ってきました!知らないということは怖いですね。)

さて、2015年分の医療費はというと?
結論から言いますと、我が家の医療費は、10万円には満たなかったです。
ということで、確定申告はふるさと納税のみ!

-shared-img-thumb-PAK85_notetokakutei20140312230514_TP_V

2015年の医療費の領収書を破棄する前に、1年間でバセドウ病でかかった医療費をまとめます。

スポンサーリンク

医療費は家計にとって痛い出費!健康なことは何よりも財産だと思う

バセドウ病が発覚し、2015年3月から通い始めた病院。
通院は月2回、月末に「血液検査」と月初に「血液検査の結果&処方箋」という流れでした。

バセドウ病の治療薬として飲んでいるチウラジールは、約1年飲んだ現在も、毎日6錠のまま変わりません。

病院代の合計は?

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

バセドウ病の通院の支払合計は、42,260円でした。

ちなみにわたしは3割負担で、上記の金額は実際に病院で支払った金額です。

通常の血液検査の場合、1回2,290円ほどの支払。
副作用の検査を同時に行った場合は、1回3,450円ほど(2~3ヶ月に1度の頻度)。
検査結果と処方箋料の際は、1回1,450円ほどです。

1年を通した血液検査の数値の推移については、こちらの記事に書きました。

治療開始から9ヶ月…血液検査の数値で見る甲状腺機能の変化【バセドウ】
こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。 本日は、大変ながらくご無沙...

結構、かかるものですね、医療費!

薬(チウラジール)代は?

チウラジール

チウラジール代の合計は、11,680円でした。

処方箋は、だいたい1日6錠×30日分で出ます。
1度だけ、1日3錠に減らした月がありました。
これは当たり前ですが、1度にたくさん出してもらったほうが結果的には得です。
(都度、調剤技術料と薬学管理料がかかるため。)

ちなみに院外処方箋ですので、処方箋薬局があるチェーン店のドラッグストアで、毎回の薬の購入をしています。

残念ながら、バセドウ病のお薬であるチウラジールは、ジェネリック医薬品が出ていません。
ジェネリック医薬品なら、幾分かお安くなるはずなので、残念です。

バセドウ病治療費の年間合計

ということで、バセドウ病の通院代と薬代で、年間53,940円かかったことになります。

月で換算すれば、5,000円弱です。
(実際には月によってばらつきはありますが・・・)

5万円を超えるとは・・・。結構医療費がかかったことに絶望です。
普段は、風邪をひいたぐらいでは病院へは行きませんし、今まで大きなケガなども全くしたことがありませんでした。
出産費用を除けば、ダントツ医療費がかかった1年になってしまったわけです。

ちなみに、旦那さんとぽんは、合わせて1万円ちょっとです。

スポンサーリンク

まとめ

実際にかかった医療費と向き合ってみて思ったことは、「健康であるということは、何よりも財産だと思う。」ということです。

もし健康でお医者にかかることがなければ、医療費の支出はないわけですし。
通院する時間や、不安な気持ちなんかも発生しないわけです。

もちろん、病気になるということは、予測できることではありませんし、かけるべき病院代を節約するわけにもいきません。

でも、「予防」はできると思うのです。

今年は、家族全員が無事に過ごせるよう、より一層、健康的な生活を心がけようと思います。
(といっても、バセドウ病が治るわけではありませんけどね。)

**aki**

バセドウ病については、こちらの本がとてもわかりやすく参考になりました。