新年初【家事えもん】スポンジ早く買わなきゃ!じゅうたんのシミが激的にキレイになるよ!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

本日は2016年1月7日放送の「あのニュースで得する人損する人」の家事えもんの技の備忘録を書いていきます。

ちなみに家事えもんは、本「すごい家事」が、バカ売れらしいですよ!

ちなみに坂上忍さんの本の売り上げ部数を、軽く超えてしまったようです。


坂上さんも手広いですね~。

さて、まずはおそうじから!

スポンサーリンク

じゅうたんについた汚れはこうやって落とす!家事えもんの技紹介

新年最初の放送では、東尾理子さんのお宅に訪問していました。
理子さんは、1児の母で、現在2人目を妊娠中とのことです。
旦那さんは言わずとも知れた、石田純一さんです。
もう結構、お腹の大きさが目立っていましたね!

うちもそうですが、子供がいると、やたらとじゅうたんが汚れるんです。
牛乳をこぼした時は、臭いが気になるのでこちらの記事のように対処するんですが、シミはもはや無視・・・
洗濯もできないし、悩んじゃいますよね。

今回の家事えもんの方法は、かなりお手軽で「これはやってみたい!」と思えた技でした。

じゅうたんのシミを解決する2つのモノ

そもそも食べこぼしなどの汚れはどんな風になっているのかというと、表面に3層構造の汚れ、その中にシミがあるといった状況のようです。
上から油、タンパク質、色汚れ、そして繊維にシミがついてるんです。

まずは、表面の油・タンパク質・色の汚れを落としてから、シミの除去をすれば、効率がいいとのことです。

準備するもの

  • セスキ炭酸ソーダ水
  • 超吸水性スポンジ

手順1 セスキで汚れを浮かす

まずは、セスキ炭酸ソーダのスプレーで、油を浮かせ、タンパク質を分解させます。
よごれによく馴染むように、スプレーしたあとブラシでなじませると効果的です。

セスキ炭酸ソーダの得意なおそうじについては、こちらの記事を見ていただくとよくわかると思います。

結構万能なので、一家に1つあると便利ですよ!

手順2 超吸収スポンジでシミを吸い上げる

わたしは、今回「超吸収スポンジ」というものを初めて知りました。
SK11 作業用 超吸水スポンジ 30X175X75mm
こんなやつです。

たぶん、テレビで家事えもんが使っていたのは、こちらの商品ではないでしょうか?


様々なサイズが用意されていますが、家事えもんが使用していたサイズですと、スポンジ1つで200mlの水分を吸収出来るとのこと。
(ちなみに200mlのサイズだと980円ほどのお値段です。)
しかも、超スピードでグイグイと吸い上げていましたよ!

これは、買わなきゃ!と思っています。
洗えば何度でも使えますしね。

セスキ炭酸ソーダを染みこませた汚れの部分に、この超吸収スポンジを当てると・・・

シミが3秒で落ちていました!本当に。

たったこれだけです。

超吸収スポンジが、ぐぐっと汚れを吸い込んでいました。
これは、食べこぼしの多い子供がいるうちには、最高のおそうじ技ですね!

スポンサーリンク

曇り汚れの取れないグラスを復活させる方法

ついでにもう一つ、曇ってしまったグラスのおそうじをしていました。

綺麗だったグラスが曇ってしまった場合に、元の輝きを取り戻す方法です。

濡らして、ひとつまみの重曹をふりかけたあと、丸めたラップで磨いていく。

たったこれだけ!

これは、以前にも紹介していた、お風呂場の鏡をキレイにする方法と原理は一緒ですね!
より研磨力を上げるために、重曹を使ったというところでしょうか。

グラスの汚れは、カルシウム汚れが主になるので、重曹でゴリゴリ磨いて落とすとキレイになります。

まとめ

とりあえず、超吸収スポンジを手に入れなくては!
子供がいるうちは、じゅうたんの汚れ問題は、常に付きまとっているので、実践してみようと思います。

**aki**