TSUTAYAの「かきコメ(ご飯)」タダでもらったよ!期間中にお会計するだけで簡単get!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

蔦屋書店(TSUTAYA)に出かけて、ぽんの絵本を買ったら、「かきコメ」というカードをもらいました。
なんじゃこりゃー!と思ったら、書いてレジカウンターへ出せば、白飯をいただけるようなので、提出してきました。

なんだかお得でしたので、記事にしてみます。

スポンサーリンク

TSUTAYAの「かきコメ」は先着100万名までもらえる!どうせならもらっちゃお!

蔦屋書店に出かけたのは、 母が「ふるさと納税の本を買いたい!」と言い始めたためです。
(わたしがふるさと納税したよ!と教えたら、俄然やる気になったためです。)

ということで、母が本を選んでいる間、ぽんと絵本コーナーへ。
気に入った絵本があったため、買ったわけです。

ちなみに買ったのは、この絵本。


仕掛け絵本は、図書館にはあまりないのと、すぐ破ってしまうのが心配なので、買うようにしています。

レジでお会計したら、「かきコメ」カードをもらった!

お店に入った時から、「かきコメ」の旗が貼りまくってあったり、コメのパックが山積みになっていたのは気になりはしたものの、スルーしていました。

お会計した時に、店員さんが「かきコメ」について説明してくれて初めて、「そんなキャンペーンあったのか!」と認識したわけです。

かきコメ 説明

キャンペーン内容は、

自分の好きな作品へエールを書きコメすると、先着百万名に「かきコメ」をプレゼント!

というもの。
2015年12月11日~2016年1月11日の期間限定です。
始まってから結構経つので、店舗によってはもう終わっているところもあるかもしれません。
ちなみに、全国のTSUTAYA全店舗で、100万食です。

わたしが出かけた店舗には、まだ「かきコメ」がたくさん山積みされていました。

「かきコメ」はどこのメーカーの商品?

かきコメは、レンジでチンするタイプのパックのご飯です。
内容量は、150gです。

ツタヤ かきコメ
メーカーは、「マルちゃん」のブランドで有名な、東洋水産です。

200gの同じく東洋水産のごはんが、150円弱で売っているので、買ったら100円ぐらいの商品ですかね。
マルちゃん あったかごはん /東洋水産  200G × 20個

米の産地やブランドの表示などは、特にありませんでした。国産の白飯です。

1回のお会計ごとに「かきコメ」カードが1枚もらえる!

「かきコメ」は、好きな作品への「エール(応援)」の文章を書いて提出するだけです。
でも、その手間がめんどくさくて、書かない人も多いのでしょうね!
わたしは、タダでもらえるなら、せっかくならやっちゃうタイプです。

ちなみに、住所・氏名(本名)を書いたりするようなめんどくさいことはありません。
作品名・作者名・エールコメント・ペンネーム・記入日 のみ記載すればOKです。

たった100円のお買い物でも「かきコメ」カードはもらえますので、その都度、記入して提出してもOKです。
レジの店員さんに記入済みのカードを出せば、その場で「ご飯」がもらえてしまうという手軽さです。

コメントの対象は、映像・音楽・本・コミックです。
普段、本とか読まないよ~という方でも、ジャンルが広いので安心ですね!

ちなみにレジで熟読されることはありません。「はいっ」って渡せば終わりです。

わたしの「かきコメ」した作品

ついでに紹介しときます。わたしの「かきコメ」した作品について!

わたしが「かきコメ」したのは、大好きな東野圭吾さんのナミヤ雑貨店の奇蹟 です。

いい意味で、東野圭吾さんらしくない作品です。
東野圭吾さんの本って、やたらと誰かが殺されるか、読んだ後に気持ちが重くなるか、化学系の本か・・・というものが多いんですが、そのどれにも属しません。
しいて言えば、ファンタジー!
「昨日より今日、今日より明日の方が、ちょっぴりいい人生になるかもしれない」そんな希望が持てる作品です。
読み始めは退屈かもしれませんが、次第にとっても心が温かくなります。
東野圭吾さんには、ぜひこんなタイプの本も書いていただきたいな~なんて、田舎から応援しています。

スポンサーリンク

まとめ

今回はたまたま知ったキャンペーンについて、書いてみました。
TSUTAYAは、Tポイントが貯まるし、使えるので、よく利用します。
お正月もお得なセールが満載なので、本好きのわたしにとってはたまりません!

今度、「大人のぬり絵」を買おうか、本気で悩んでいます。

ちなみにネットでも「かきコメ」キャンペーンはやっていますが、残念ながら抽選です。
実店舗なら、在庫さえあれば、お会計して、カードに書くだけでOKなので、ぜひ皆さんもTSUTAYAへ出かけたら、「かきコメ」もらってくださいね!

もしかしたら、全国の店舗であなたの書いた「かきコメ」が使われるかも?!

**aki**