いらない靴を処分して、下駄箱スッキリ!収納を考えるより捨てる方が大切。

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

今日はモクモクと雪が降っています。
前のうちの屋根に、うっすら雪が積もっています。
やっと冬らしいですね。
こんな日は、1日中おうちでじっとしていたいです。

さて、最近下駄箱の整理をしました。
下駄箱をきれいにする一番の近道は、「収納するものを減らす」ことなんです。

スポンサーリンク

靴を処分して、下駄箱すっきりさせよう!

あなたのおうちの下駄箱に、長い間履いていない靴、ありませんか?

とりあえず下駄箱の中身を全部出してみる

以前に、家事えもんのお友達、 「おねえもんズ」のクローゼット収納についての記事を書きました。
そのとき、まず行っていたのが、「クローゼットの中身を全部出すこと」でした。

収納してある靴の把握のためにも、もれなく処分するためにも、そしてお掃除しやすくするためにも、一度中身を全部出してみましょう。

思ったよりたくさんの靴が入っているかもしれません。

靴を選別する

さて、取り出した靴を選別していきます。

わたしが今回処分した靴はこちらです。
捨てる 処分 靴

ヒールがある靴は、子育て中は履く機会がありませんので、さようならです。
サンダルは、クロックスを履き始めたら、使いやすくそればっかりしか履かないので、同じくさようならですね。

ナイキのスニーカーは、農作業用にと取ってあったのですが、長靴を借りればいいだけですし、やたらと重いので履きづらく処分です。

ぽんの靴は、リサイクルショップで300円ぐらいで買ったものですが、サイズが小さくなり、マジックテープの部分がすぐはがれるようになってしまったため、処分します。

わたしはごみ袋に入れて捨ててしまいましたが、ちゃんと洗えば、フリマやリサイクルショップで売れることもあります。
お小遣い稼ぎにもなりますから、そうやって処分するのもありですね!

旦那さんのものは勝手に捨てない

自分だって、自分のものを人に勝手に捨てられたら嫌ですよね!
ということで、旦那さんの汚い靴があろうと、ぼろい靴があろうと、決して勝手に捨ててはなりません。

もし、なかなかモノを捨ててくれないような旦那さんでしたら、

  • 靴を外に並べておいて、いるものだけ棚に戻してもらう
  • 新しい靴を買う代わりに、1つもしくは2つ処分してもらう

などして、自分の意思で減らしてもらいましょう!

自分の靴を処分したあとに選別してもらうと効果的です。

小さくなった子供の靴はまとめて別の場所に保管

子供の靴は、すぐ履けなくなる上に、新品で買うと高いですよね。
ぜひ下の子ができたときにも履かせたいとは思うのですが、いつになることやら・・・
そんなときは、靴をよく洗って、紙袋や箱にまとめて倉庫や押し入れなどに入れてしまいましょう!

下駄箱はあくまでも、普段履く靴の収納場所です。

スポンサーリンク

まとめ

芸能人やモデルでもない限り、あんまりたくさんの靴は必要ありません。
わたしの場合、普段履く靴(夏用2つ、冬用2つ)、おしゃれ靴1つ、冠婚葬祭用のパンプス1つ、サンダル1つもあれば十分です。

もちろん生活スタイルによって、持つ靴の種類も変わってくると思います。

ぜひ、下駄箱の収納を増やすより先に、収納する靴を減らす努力をしてみてくださいね!

**aki**