意外と捨てられない!1年に1度はタオルの取捨選択をして、すっきりしよう!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

最近、お義母さんのお買い物に付き合ってきました。
ぽんにお洋服などを買っていただき、大助かりです。

もちろんお義母さんも、しまむらで自分のお洋服をたくさん買っていました。
わたしのも買ってくれる!と言っていただいたのですが、丁重に辞退しました。笑

それは、過去記事に書いたとおりなので、興味のある人は探してください。

さて、わたしは年末にかけて、断捨離とお掃除に励んでいます。
本日はタオルの話題です。

スポンサーリンク

知らないうちにタンスがいっぱい!1年に1度はタオルを思い切って捨てよう!

うちは、タオルは買いません。
いただきものや、旦那さんが出張などで泊まった旅館から持って帰ってくるタオルがいっぱいあるからです。

でも、タオルの消費量は多い方です。

タオル干すならやっぱりコレ!子育て家庭の大量のタオルを効率良く乾かすには?
こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。 皆さん、タオルってどうやっ...

夏はこの記事の物干しに、美容院か!?って突っ込みたくなるぐらい、フェイスタオルを干しています。
旦那さんが、仕事で使ったり、ぽんの食べこぼし用に使ったりしているためです。

わたしは、タオルの在庫を1年に1回だけ見直すことにしています。
なぜなら、タオルってなかなか捨てられないからです。
まだ使えそうだな、お掃除用に使うかな、お友達からもらったものだしな・・・などなど、理由は様々です。

そうすると、知らず知らずのうちに、タンスがギュウギュウ詰めになってしまうのです。

うちのタオル収納は、カインズホームの「キャリコ」

キャリコ ビフォー
こちらが、タオルを選別する前の状態です。
もう上までギュウギュウになってしまっています。
ちなみに、バスタオルもフェイスタオルも同じ「キャリコ」に入れて収納しています。

キャリコ、とってもスグレモノで大好きです。(うちにあるのは、タオル用に1つだけですが!)
扉が前からも、上からも開くので、収納しやすく、取り出しやすいです。
うちはキャリコを重ねて使っていませんので、収納は上から、取り出すのは前側から行っています。

最近は、いろんなお店にキャリコと同じような商品が売られていますね。
基本的に作りは一緒なので、気に入ったデザインのものを選びたいですね。

カインズホームの店頭では、フタと本体の色違いは購入できないので、こうゆう配色のものも可愛いなぁと思います。
フロック ワイド30 イエロー/ホワイト fr-W30YE/WH 積重ね収納ボックス
※注:上の商品はカインズホームの「キャリコ」ではありません。

タオルをすべて出す

キャリコから出したうちのタオルたちです。
タオル 選別

ほつれてしまっているもの、毛羽立っているもの、黄ばんでしまっているものなどが混じっています。

タオルの選別をする

1枚1枚、自分のうちのタオルを見ていきます。

わたしの選別の基準は、「ぽんに対して、このタオルを使いたいか?」です。
赤ちゃんのツルッとしたお肌に、ゴワゴワのタオルは似合いません。
変色していたり、ほつれているものも、人前で使いたいとは思いません。

ということで思い切ってタオルを選別していきます。

残すタオルの枚数は?

バスタオルは4枚(大人2人分で2枚ずつ)、ぽん用のお風呂上がりのタオル2枚、フェイスタオル8枚(1人2枚ずつ+2枚)というところでしょうか。
タオルの枚数は、ライフスタイルに合わせて、決めるといいでしょう。

この古いタオルを捨てたのを機に、足りない分は新しいタオルを補充します。

うちには、まだ使っていないタオルが押し入れに眠っています。
ボロタオルを使い続けるより、タンスの肥やしを減らす方が有意義です。

タオルすっきり キャリコ
減らした結果、これだけになりました。
生活していくうちに、またタオルの量が増えていくことが予想されますが、キャリコに空きが十分あるうちは散らからないので安心です。
(タオルの量が増えると、収納がめんどくさくなってしまいます。)

スポンサーリンク

まとめ

ちなみに、捨てるを選択したタオルは、お掃除に使います。
と言っても、使える量は限られますし、「いつか使うかも」と思って取っておくのは、結局意味がありません。

そのため、タオルの取捨選択は年末の1年に1度をおすすめします。
なぜなら年末のお掃除に使い切れなかった分は、年を越す前にすっきり片付けよう!という「見切り」がつけやすいからです。また、冬は夏に比べてタオルの消費量が減るのもポイントの1つです。

あなたのおうちの、タオルぜひ1度見直してみてくださいね!

**aki**