ふるさと納税の仕組みを知りたかったらこの1冊!森永卓郎のわかりやすい解説

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

最近、わたしが読んだ本の紹介です。
ふるさと納税、みなさんしてますか?
毎年12月末までにふるさと納税をすれば、翌年分の所得税と住民税の一部が減額されますよ!

1月になってしまえば、その翌年分になってしまうので、12月までが勝負です。

まだ、ふるさと納税をしたことがない方!
森永先生の本、とってもわかりやすいのでおすすめです。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは、なんぞやを易しい言葉で解説してくれる1冊

最近、年収300万円からのふるさと納税という、かの有名な「森永卓郎」先生が書いた本を読みました。

さすが、森永先生、内容がとってもわかりやすいです。
ふるさと納税が「寄付」であること、その大切さをしっかり知ることができます。

森永先生が選んだ、おすすめギフトのある自治体の紹介から、ふるさと納税の意義、メリットなど、たくさんの情報が書かれています。
ちなみに、2014年版ですので、ワンストップサービスについては、書かれていません。

実は、わたし、今年初めてふるさと納税をいたしました。
と言っても、旦那さんのお名前で!
(専業主婦は所得がないので、わたしの名前でふるさと納税すると、本当の意味での「寄付」になります。)

そう、この本を読んでから!(遅。)

以前は、自己負担金が5,000円でしたが、今は2,000円になり、金額的にも「やってみようかな?」と考えられる範囲になりましたよね。それでも、所得の高い人の節税対策と思い込んでいました。

森永先生は、ふるさと納税についてこの本の中で、所得の高い人に有利な仕組みになっているとの前置きの上で、

サラリーマンの平均的な収入であっても必ず控除は受けられますから、やらないよりやったほうが絶対、お得といえる

と、おっしゃっています。

手続きめんどうだな、確定申告めんどくさそう、やってメリットあるの?、どうせそんなに大きい金額できないし・・・

そう思っている方!
ふるさと納税をしようとしない時点で、たくさんの損をしていますよ!

個人にとっては、特典はもちろんのこと、節税対策にもなります。
ふるさと納税(寄付)を受けた市町村は、地域活性化、地域の雇用創出、その他寄付による予算増で、地方が少しでも潤うようになるのです。

ふるさと納税がもっとさかんになれば、日本の景気が潤うと言っても過言ではありません。

ぜひ、2015年のふるさと納税をしていない方、12月中なら、まだ間に合いますので検討をおすすめします!

ふるさと納税の専門サイトで、控除額のシミュレーション(いくらまでなら、2000円の負担でふるさと納税できるのか)できますので、ぜひ計算してみてください。

  • さとふる(ふるさとチョイスにはない、お得な毛ガニや国産牛もあります。)
  • ふるさとチョイス(森永先生が紹介しています。有名サイトです。)

それぞれのサイトで、提携の市町村や特典内容が違うので、比較するとおもしろいですよ!

**aki**