家事えもんのかけ算レシピ(応用編)バタコやんのパン生地はピザがおすすめ!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

12月最初の土日、家族旅行に出かけてきました。
少し早めの忘年会です。

久しぶりに温泉に泊まったのですが、とーっても癒されました。
ぽんも大喜びでしたので、また改めて記事にでもしようと思います!

さて、先週書けなかった「バタコやん」と「家事えもん」のかけ算レシピのパンについてのお話です。

スポンサーリンク

バタコやんのパン作ってみたよ!個人的にはパンじゃなくて、ピザがおすすめ!

先週、バタコやんの簡単「フライパンで作るパン」を作ってみたんです。
ちょうど、材料も揃っていましたので!
結論から言うと、結構コツがいります。
うまくできないことはありませんが、バタコやんパンより、もっともっと簡単に、失敗なしに、そしておいしく出来上がるパンのレシピを発掘した(ってほどでもないけど。)ので載せておきます。

家事えもんのかけ算レシピ「熱々グラタンパン」

家事えもんの「熱々グラタンパン」の具、とってもおいしかったです。

ポイントは、とろけるチーズですよ!

材料

  • 鶏むね肉     150g
  • インゲン     4本
  • コーンスープの素 2袋
  • バタコやんのパン生地
  • 牛乳       大さじ4
  • オリーブオイル  大さじ2分の1
  • 塩コショウ    少々
  • チーズ      とろけるタイプ(←これがこのレシピのポイント!)

熱々グラタンパンの手順

インゲンは、1口大に切って、レンジで加熱。

フライパンにオリーブオイルを入れ、肉えもんの鶏むね肉を柔らかくするコツで切ったお肉を
軽く焼いて、インゲンを加え、塩コショウします。

牛乳と混ぜておいたコーンスープに、炒めておいた鶏むね肉とインゲンを加えます。

パン生地は、6等分にして綿棒で薄く丸く伸ばします。

ここで、家事えもんは綿棒をサランラップの芯で代用していました。
切り口をわかりやすく内側に折り込んでおくことで、切れ目がわからなくなる心配もないです。
生地を伸ばし終わったら、使った1週分だけ捨てればいいというのも、お手軽ですね!
実際やってみましたが、生地が芯にくっつくこともなく、とっても快適でした!

パン生地に、具材とチーズ(←これポイントね!)をのせて、丸めます。

パンを焼く工程については、バタコやんの記事を参考にしてください。

実際に作ってみた感想

ちなみに、作った量は半量の3個分です。ぽんとのお昼ご飯に食べました。
半量にすると、失敗しても痛手が少ないので、ちょっと試しに・・・という場合におすすめです!
意外とコーンスープの素って高級なので、一袋分でお試ししてみました。
インゲンと鶏むね肉はおうちになかったので、代わりにミックスベジタブルとウィンナーを使いました。(ミックスベジタブルはレンジでチンして使いました!)

コーンスープの素で作る具は、こんな感じです。

コーンスープ 家事えもん

バタコやんのレシピの半量で作った生地です。
何も考えず、すべての材料を投入しました。結構弾力がある生地ですが、まとまりやすいです。

バタコやん 生地
10分ほど置いても、膨らみはあまり感じられませんでした。

10分の発酵後、生地を3等分に割って、中へ中へ折り込むように丸めます。
そうしたら、家事えもん流、「サランラップ綿棒」で伸ばします。このラップの芯がとても快適!
コーンスープの素の具を生地にのせ、チーズものせて丸めて、バターを塗ったフライパンで焼きました。
バタコやん パン やってみた
この作業、20分じゃ到底できません!
パン作りに慣れている人ならともかく、そうじゃない人はかなり悪戦苦闘します。(わたしだけかも・・・)

なんといっても、パン生地に具材を包むのが難しい!
1つ目は、見事生地が破れました。
そして、中の具材から水分が染み出すと、生地と生地がくっつきにくくなり、もはやパニックです。

その反省を生かした2つ目は、見事皮が分厚く仕上がりました。
こうなると、焼き加減が難しいところで、なかなかふっくら焼けませんし、生焼けになりやすいです。

フライパン パン 完成

どうにか体裁は整いましたが、生地の厚さと、焼き加減には慣れが必要です。

グラタンの具については、チーズが熱々トローンで、とーってもおいしかったです

それなら、包まなきゃいいじゃん!

わたし的には、結局ここにたどり着きました。

パン生地を作って、伸ばすまでは簡単なんです。でも、その後が・・・

それなら、具材は包まないで、生地にのせて焼けばいいじゃない!
・・・しかもオーブントースターで!

バタコやん ピザ

このピザ、簡単さ、美味しさ、手軽さ、すべて合格です。
具材は、トマト以外、すべて家事えもんのレシピそのままです。
1枚分(パン1個分と同量)なら、1000ワットのトースターで7~8分焼けば、耳はカリッと、中はもちっと仕上がります。
厚みは均等なので、基本的に火の通りを心配する必要もありません。
アルミホイルを敷いて、バターはなしですが、十分おいしいです。

フライパン、洗わなくていいです。これだけでも楽チン!

バタコやんには申し訳ないですが、うちはコレですね~。
正直、ピザの場合具材はチーズのせればなんでもおいしいです。

スポンサーリンク

まとめ

ぜひ1度、家事えもんの熱々グラタンパン作ってみてください。
うまく作れる方、心から尊敬します。
同時に、バタコやんのパン作りの技術は、素晴らしいことがわかりました。

生地自体は、簡単でとってもおすすめです。
上手に包む自信ない方は、ピザにしちゃうことをおすすめします!

**aki**