家事えもんの鶏むね唐揚げのレビュー!カリッとやわらか!節約にもおすすめ!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

ずーっとやってみたかった、鶏むね肉の唐揚げをついに作りました。
「あのニュースで得する人損する人」で放送していた、家事えもんが老舗お総菜屋さんに教わったレシピのです。

鶏むね肉は、スーパーで100g/39円で買ってきたものです。
(安くてありがたや~。もも肉の3分の1ほどです。)
どぉーんと2枚、約550gで作りました!

スポンサーリンク

家事えもんの鶏むね唐揚げ!気になるお味は?固くならない?実際に作ってみたレビュー

気になるレシピとコツは、以前の記事をチェックしてくださいね!

結論から言うと、もうこれからのうちの唐揚げは、ずっと鶏むね肉で十分なぐらいおいしいです。
しかも冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめな感じでした。

それでは、詳しいレビューの説明に入ります。

家事えもん紹介の基本のレシピとの変更点

  • むね肉の量が少し多いので、調味料は少し多めにしました。
    EX)大さじ1.5 → 大さじ2
    比率さえ守れば、大丈夫です!
    水っぽいような気がしますが、それでOK!
  • にんにくすりおろし 2片
  • しょうがすりおろし 小さめ1片

以上2つの食材をタレに漬け込むときに足しました。
もしおうちにあるなら、ぜひしょうがとにんにくはタレに入れることをオススメします。香りがぐーんとよくなります。

鶏むね唐揚げを作っていて気付いたこと

  • 鶏むね肉の切り方は、繊維の方向はあまり気にしなくても大丈夫!

と、思っていたら12/3放送の「あのニュースで得する人損する人」で、家事えもんの友人「肉えもん」が、鶏むね肉を柔らかくする技を紹介していました。この技、使いましょう!

  • 鶏皮は気にならなければ、残しておくと、それはそれでおいしい!
  • お粉を入れて混ぜると、結構水分が多いような気がしますが、これも心配しないで大丈夫!
  • 油からあげるのは、きつね色になったらOK。
  • 唐揚げを作ると、いつもなら油がすぐ黒くなるのですが、きれいなままでした。

鶏むね肉唐揚げを食べてみた感想

完成はこんな感じです。

家事えもん 鶏むね唐揚げ

下味にお砂糖を入れているのがいい味がでています。
揚げるときに空気にこまめに触れさせることで、外側がカリッとします。時間がたっても、べちゃっとはしません。
中のお肉は、しっとりと仕上がり、パサパサにはなっていません。やっぱり、切る大きさがポイントですね。

イメージ的には、お総菜屋さんで売っていそうな唐揚げです。
「これ胸肉だな~。でもやわらかくておいしいな~」ってやつ、よくありませんか?
まさにそれです。

一緒に夕飯を食べていったお友達も、「おいしい!やわらかい!」と言ってくれました。

ためしに冷めたものも食べましたが、変わらず中のお肉はやわらかく、十分おいしく食べられました。

スポンサーリンク

まとめ

主婦の味方、鶏むね肉!もも肉に比べて、節約にもなります!
常に激安で、油も少なくヘルシーなこの食材は、調理の仕方でこんなに変わるものかと感心しました。

コツ自体も、決して難しいものではないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
とってもおすすめです。

**aki**