プレママ必見!育児の便利グッズ、あると安心!でも無くてもよかったもの

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

そろそろ、ぽんも2歳になります。(年、明けてからですけど!)
手探りでしてきた育児ですが、なんとかここまできました。
タフなぽんは、体も大きく、体力もある元気な子供に育ってくれています。

今、バセドウ病も少しずつ落ち着き、次の子が欲しいな~というところ。

そこで、ぽんの子育てで使ったものについて、振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

子育てグッズ「あると安心!でも無くてもよかったもの」編

子育てグッズって、1人目の育児だと何が必要かわからないですよね。
育児雑誌を見ると、ママの投票コーナーの特集などが組まれていたりして。
意見は人ぞれぞれですので、一概に口コミが良くても「使える!」とは限りませんよね。

ということで、ここではわたしの個人的な意見を書きます。良かったら参考にしてくださいね!

紙おむつ用ゴミ箱

うちは、ぽんが生まれる前に、「アップリカ 紙おむつ処理ポット におわなくてポイ 消臭タイプ」を購入しました。

こちらは、ゴミ箱に専用カセットを装着して、おむつを捨てます。しかし、究極にコスパが良くない・・・
このアップリカの専用カセットが、通常1,000円弱ほどし、新生児のおむつをたくさん替えるときには、2~3週間ほどで交換です。(一応、公式では、1日6個で1ヶ月もつ計算です。)
思ったより、おむつ交換の回数が多くなってしまうと、すぐカートリッジがなくなります。
しかも、ゴミ箱自体は2~3日でいっぱいに。
それに、新生児って、おむつの臭いはあまり気にならないんですよね。

結局気づいたのは、うちの場合、燃えるゴミの日が週2回あるので、おむつを替えた都度、指定のゴミ袋に入れて、こまめに捨てた方が安上がりだ!ということです。

家の中でおむつのゴミ箱として使うなら、アリです。
お外やベランダでゴミを保管し、都度入れる手間がめんどくさくなければ、必要ありません。

哺乳瓶関連グッズ

うちは、ミルトン一式を購入しました。

専用の薬剤【第2類医薬品】ミルトンで、哺乳瓶の洗浄・消毒をするグッズです。

赤ちゃんに使うには、少し臭いが気になります。消毒に時間もかかるので、電子レンジで消毒できるものにすれば良かったと、少し後悔。

そもそも、母乳育児で足りたので、哺乳瓶自体が必要ありませんでした。
出産後の入院中に、自分の母乳の出を見極めてから購入しても遅くないです。
家族などに頼めなければ、ネットなどでも買えるので、急いで揃えないことをおすすめします。

コンビラック

赤ちゃんを寝せるベッドで、ハイローチェアとしても使えるものです。うちは、おさがりがあったので、少しだけ利用しました。


これは、赤ちゃんによって好き嫌いが分かれるようです。
うちのぽんは、のせるとギャン泣きでしたので、相性合わず、ほぼ使いませんでした。
しかも重くて、扱いづらかった・・・。

コンビラックやバウンサーは、アカチャン本舗や西松屋などでしっかり試乗してから買ったほうがいいですね。
結構、リサイクルショップにも出回っているので、欲しい場合は中古も検討することをおすすめします。
使える期間が、ほんのちょっとですので。

授乳用ブラ

わたしは、出産前にアカチャン本舗で授乳用ブラを購入してありました。


決して使い心地は悪くないんです。締め付け感もなく、快適でした。
でもブラって、上にキャミソールとか着ますよね。結局キャミなどのせいで、おっぱいをあげづらいのです。
ぽんが夏生まれならよかったのかも・・・。

産前からつけていた、UNIQLOのブラトップの方が授乳しやすくて、そちらの方が重宝しました。
授乳が終わった今でも、ブラトップ愛用中です。

母乳パッド

母乳パッドも、産前の購入でした。これは、ほぼ使うことなく終わりました。


母乳の出って、産んでみてからでないとわからないんですよね。
1人目と2人目でも違うって言いますし・・・

わたしの場合、最初から母乳が出過ぎることはなかったので、そもそも必要ありませんでした。
(母乳が、染み出すということもなし。)
だれか欲しい人がいれば、あげたいぐらいです。

これも、母乳の出を見てからの購入でも遅くはありませんね。

ベビーバス用温度計

かわいいラッコちゃんの温度計、デザインは気に入っています。


お風呂の温度がわかりにくい最初は、あっても便利かと思います。しかし、使ったのは、最初の3日ぐらい。
だって、お湯に手をつければ大体熱さわかりますもの。

しかし、お湯に浮くので、使いやすさは抜群です。
使わなかったら、子供のお風呂用のおもちゃにしとこう!ぐらいの気持ちがあれば、持っていても損はないです。

見守り用カメラ

赤ちゃんは、暗いところで寝かせないといけない!と聞いていたので、購入したカメラです。


寝室に、ぽんを寝かせて、リビングや台所で作業するときに、カメラで様子が見れたら便利だな~と思って購入しました。暗視機能付きです。

しかし、寝室でぽんを一人にするっていうのは、やっぱり心配で。
しかも、うちはとっても狭かった!泣き声がすれば、すぐにわかります。
ということで、必要なかったですね。機能的には申し分なかったので、広いうちなら利用価値はありそうです。

添い寝用ベッド

うちは、スペースの関係でベビーベッドは用意しませんでした。大人のベッドで添い寝するのに必要かと思って、用意したのが、このグッズです。


自分が寝返りして、ぽんのことをつぶしたらいけないなと思ったのが購入のきっかけです。

結局、2時間とか3時間おきに起こされるので、寝返りなんてうっている暇はありませんでした。
ぽんも、自分で寝返りできたのは、5ヶ月ごろなので、勝手に寝返りをうって窒息するという心配も特にありませんでした。

もしかしたら、2人目の時は寝相の悪いぽんから身を守らせるため、使えるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

どれもこれも、便利グッズではあります。
使う人によっては、必ず必要なものだったり、育児を少しでも楽にしてくれるかもしれません。

しかし、産前にすべて揃えてしまうと、意外と必要なかった!ということになりかねません。
生活スタイルや、ご自身の状況に合わせて購入を検討することをオススメします。

**aki**