今日からでも始めてほしい!あなたのおうちの大事な貯蓄のこと

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、**aki**です。

わたくし、主婦**aki**としての人生の最重要テーマについてのお話です。
なんだか壮大なことを言っていますが・・・。

つまりは、「資産を増やす」ことです。

資産を増やすと言ってもいろいろ方法がありますよね。
実はわたし、ぽんを産む前まで、資産運用関連の仕事に就いていたのです。
このブログで、資産運用の知識が少しでも役に立てば本望なのですが・・・

なにせ奥が深い世界なので、少しずつ小出ししていこうと思っています。

資産を増やすといっても、フタを開ければいろいろな方法があります。
貯金、株取引、投資信託、為替通貨など・・・違う視点で見れば、節約して支出を減らすことによっても資産は増えますよね。

今回はまずはじめに基本の収支と預貯金について書きたいと思います。

もう貯金してるからいいよ!って方は読み飛ばしてくださいね。

スポンサーリンク

家計の収支を振り返ろう!

あなたのおうちの収入はいくらですか?

**aki**家の大まかな収入を発表します。

ジャジャジャーン!
て、ためるほどのこともありませんけど。

旦那様の手取り給与は30万円です。
たくさん稼いでくれて本当にありがとう!
とっても感謝していますヽ(;▽;)ノ

他に、子ども手当が月15000円ありますが、これは全額ぽんの貯金なのでここではスルーしましょう。

うちの収入は以上です!
ここで私の収入が少しでもあれば、余裕かませるのですが、そこは許してください。

あなたのおうちの支出はいくらですか?

都会の方にはきっと参考にならない、うちのおおまかな支出を書いておきます。

家賃      :49,000 ←田舎は家賃安いです。駐車場2台込み。
旦那様おこづかい:30,000 ←質素な旦那様はおこづかいあまってます。笑
家計費(食費等):40,000 ←わたしのおこづかい込みです。田舎なのでコメはもらえる。
医療費     : 5,000 ←主にバセドウ病関連。
新聞代     : 3,000 ←地方紙です。

通信費     :10,000 ←フレッツ光、スマホ2台分。乗り換えで安くなりましたとさ。
水道光熱費   :15,000 ←電気代と水道代。オール電化のため、ガス代はありません。
ガソリン代   :20,000 ←田舎なので車なしには生きられません。必要な出費。

計172,000円ほど、固定の支出があります。だいたいです。

ちなみに生命保険料はすべて年払いにして、掛金を抑えています。
(月々の支出には含めていません)

その他、美容院(3ヶ月に1度)や、たまにお出かけしてお洋服などを買うことはあります。
あとは遠出の時のETCや、その他臨時の出費が発生する場合があります
こういったものはすべてクレジットカードでの決済にしています。
クレジットカード決済の内訳は、通信費、水道光熱費、ガソリン代と合わせて8万円以下になるようにおさえています。

ということで、月の出費は合計207,000円ほどになる計算です

もちろん、いろいろなことが発生しますので、これよりも増える場合もあれば、減る場合もあります。
でも普通に生活していればこれぐらいの支出になっています。

スポンサーリンク

貯蓄の方法

先取り貯金

きっとこうやって貯めている方、多いのではないでしょうか?
「先取り貯金」です。
旦那様のお給料の振込日に合わせて、積立口座に引き落としをかけて、自動的に貯金できるシステムを使っています。

人間って、お金が振込まれると安心しちゃうんですよね。
そうするとお財布のひもがゆるくなって、出費が増えてしまう原因になります。
お財布にたくさんお金を入れておくと、思わず使っちゃいますものね。
(私のように意志が弱い人は特に!)

お給料日に引き落としをかければ、使う暇なく、貯蓄口座にお金が移動してしまうので、気持ち的に貯めやすいんです。

月いくら貯めているか

まずはじめに、年いくら貯めたいか考えてみてください。
うちの場合は、積立で年間100万円は貯めたいなと思っています。

逆算すると・・・
1,000,000 ÷ 12 = 76923.0769・・・・
となります。

ということで、月約80,000円貯蓄すれば達成できることになります。
実際にうちでは、毎月8万円積立貯金を行っています。

目的によって口座を分ける

さて、ただ貯めるといっても、「何のために貯めるのか」を考えておかないと続きません。
うちの場合は、
「将来、家を建てるかもしれないときに役立つ、まとまった貯金 5万」
「車の買い替えに必要な貯金 2万」
「個人年金保険の年払いの資金に充てるための貯金 1万」
と、通帳を3冊つくって貯蓄をしています。

こうすると、ひと目でなんの資金がどれぐらい貯まっているか把握できるので便利です。

他にも、海外旅行に行くためとか、欲しいものを買いたいとか、貯める理由はたくさんあるはずです。
具体的な目標を決める事で、絶対に貯めやすくなります。

月々余ったお金は数ヶ月貯めてから定期へ

さて、うまく資金繰りをすれば、月々1~2万円の余りのお金が出ることになります。
私の場合は、余ったお金はすぐ貯蓄にはまわしません。

なぜなら、自転車操業になりかねないからです。
それに、最低限貯めたい金額はすでに貯めているわけですし。

ということで、10万ぐらい貯まったところで、定期に移しています。

こうしておけば、臨時の出費にもある程度対応できつつ、必要なければ貯めていく方向にもいけるからです。

まとめ

今回は、**aki**家の収支をざっとですが書き出しました。
こればっかりは、生活スタイルやお子さんの人数、年齢などによって大きく変わりますので、金額の内訳はあまり参考にならないかもしれません。
ですが、ここでお伝えしておきたいことは、「目的を持った先取り貯金をする」ということです。
加えて、「最低でも、収入の1割は貯蓄にまわす」ことをすることが大事です。
気合を入れて先取り貯金をしても、家計が赤字になったら意味がありません。

もしこれから本格的に貯蓄を始めたいと思う主婦の皆様は、まずは収入の1割を目標に、できれば少しずつ目標額を上げていけば、年間100万円も夢ではありません。
コツコツがんばりましょう!

次は投資のことに触れたいと思います。

**aki**